星と一緒に。

投稿者 

愛犬へ

18年近くもの長い間、ずっとそばにいてくれた愛犬に心からありがとうを言いたいです。家族になったばかりの頃、あなたはやんちゃで、なかなか心が通い合わなくて、なんだかちょっと距離があるように感じたのはきっと私のほうだけではない気がします。

でも私たちはどこか似ていて、自分だけの空間を大切にしたいような、まるで放っておいてほしいといわんばかりでした。なつっこい犬というよりは知らん顔でツンとしている猫のようで、思い返してみると、とても「犬好きの飼い主と愛犬」には見えないような関係でした。

ある時、あなたの調子が悪くなって慌てて病院へ駆け込む時、車の助手席から私のことを見つめる目は、いつもと違って、感情がそのまま伝わってきたようでした。私はあの瞬間を忘れません。私も同じようにとても愛おしく感じました。

普段から、意識していなかったけど、いつもここにいてくれて、横目で私を気にしてくれて、一人で涙する日も寒い日も一緒にいてくれました。

月日がたって、介護になってしまった頃、おねしょをしないように毎晩寝る前に夜の散歩に出かけました。毎日のことだし、面倒で一言も言葉をかけずに無理やり抱えて家に戻ったこともありました。そんな思い出したくない冷たい夜も、つまづきながら歩くあなたとゆっくり並んで歩いた夜も、今では宝のような思い出です。

夜空の星はいつもあの頃を蘇らせてくれます。出来ることならまた一緒に腕枕であなたの寝息を聞きたい。あなたのおでこのあたりを撫でた感覚とぬくもりを思い出しながら、私はずっとそばにいてくれてありがとう。といつも思っています。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (15
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ