私の唯一の理解者の親友ちゃん

投稿者 

大親友へ

休日に中学時代のお友達と一年半ぶりに会ってきました。彼女とは中学校と高校が一緒で、毎日と言ってもいいほど一緒にいて、悪いこともいいことも一緒にやってきて、私が本音を打ち明けられる唯一の理解者でした。

彼女のおかげで辛かった時も先が見えなかった時も壁にぶち当たった時も乗り越えてこられて、心から今も親友と言える存在です。もちろん喧嘩をしたことも何度かありましたが、それも今となってはいい思い出です。

お互い結婚し、彼女は車で3時間くらいかかるところに引っ越してしまい今まで頻繁にあっていた日々も懐かしいものになり、一年に2回会えればいいくらいになってしまいました。

そんな彼女と先日一年半ぶりに会ったのに懐かしい感じも、ぎこちない感じも全くなく、いつも会っているような感じで、お互い「ヤッホー」で始まり、さすが親友だなと思いました。

彼女と会っている時間はあっという間で話し足りなかったけど、パワーをもらえて久々に私の中で楽しい1日を過ごすことが出来ました。彼女も地元を離れて遠い土地に行ってしまったけれど、元気そうで家族仲良く幸せそうでよかったです。

どんな時も私の見方をしてくれて、ダメなことははっきりとダメと言ってくれて正しい道に導いてくれる彼女、本当にいつもありがとう。一度しかない人生の中で、彼女みたいなステキな人に出会えて私は本当に良かったと思います。

友達って本当に一生物だなと思います。そんな友達を一生大切にしたいし、困っている時は助けてあげたい!と、改めて心から思いました。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (16
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ