産んでくれたことに感謝

投稿者 

産んでくれた母へ

私の母は私が一歳の時に離婚して家を出て行きました。
家を出て行った後も時々買い物に連れて行ってくれたり、ご飯を食べに連れて行ってくれたりして時々会っていました。

その母との縁が切れたのが私が20歳くらいの時です。
20代前半で私を産み、離婚してからは母親の家族の面倒を見て必死に生きてきたのだと想像します。
母自身も小さい時からお金に苦労して生きてきたからかもしれませんが、
子供の私から見てもお金にだらしのない所があり、私は母のそんなところが大嫌いでした。
今思えば、自分で商売をしてお金を稼ぎ何度も騙され苦労してそれは大変な人生だったと思います。
私に無断で私名義でローンを組んでそれが分かった時に縁を切りました。

あれから三十年経ちました。
私は結婚して子供を授かり幸せな家庭を持つことが出来ました。
その間に母の悪い噂ばかりが耳に入り心を痛める事もありました。
しかし、数年前、母が他界しました。
母にも別の家族がありましたので一度お墓参りに行ったきりでした。

ずっと母に対しては「関わりたくない」「他人なんだ」という気持ちがありましたが、自分が年齢を重ね、日々生活していく中で頑なな気持が少しずつほぐれてきたように感じます。
20歳そこそこで離婚して一人で生きてきた大変さが部分部分ですが理解できるところもあるからです。

そして何より、私が今、何とか幸せに生きてい居るのは、母が私を産んでこの世に送り出してくれたからだと感謝しています。

大変な人生だったと思いますが、天国で楽しく安らかに過ごしている事を心から祈っています。
産んでくれてありがとう。
まだ私の人生は続きます。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (11
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ