店長の笑顔

投稿者 

大好きな店長へ

バイト先の定食屋さんがコロナの影響で閉店した。

ありがたいことに早々と就活を終え、これからたくさんバイトして、たくさん稼いで旅行に行くぞ!と意気込んでいた中でのことだった。

高校卒業と同時に上京し、初めてのアルバイト先に選んだお店。

慣れない私に優しく仕事を教えてくれたり、テスト期間のシフトを気使ってくれたり、ダイエット中の賄いはヘルシーなものにしてくれたり。

店長はいつも元気で疲れている姿を一切見せず、お客さんにも慕われていて、本当に憧れとする人だった。

内定の報告をしたときも、お母さんより喜んでくれたのを覚えている。

そんな店長が苦しそうに「ごめんね」と言う姿に、私は泣いてしまった。

思えば、上京してから何でも相談相手は店長だった。
恋愛、人間関係、将来のこと。
そんな店長に会えなくなるのがとっても寂しくなった。

コロナが落ち着いたらまた、営業したいし、その時は戻ってきてねと言っていたけど、未だに叶っていない。

最後の営業日に顔出しに行ったけど、あの日も店長は笑顔だった。

そんな店長に、改めてお礼を言います。

3年半本当にありがとうございました。
また、店長のつくった麻婆豆腐、食べられるのを楽しみにしています。

店長みたいに周りを笑顔にできる、立派な大人になります。
コロナが早く収束して、店長の笑顔がまた見られますように。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (15
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ