一枚のクリスマスカードが一生の友へのきっかけに

投稿者 

大学時代の友人へ

Kちゃん

あなたとは不思議な縁で、大学時代同じ部活だったのに、学部や校舎が違うので
在学中はあまり話をしたことがなかったですね。
美術部だったので、あなたの油絵が素晴らしい作品だったので、作品の話は
したことがありましたが、あなたが海外に留学していた時期もあったので、
私的に遊んだりしたこともなく、部活のコンパなどで食事をするくらいしか
イベントなども一緒になることがありませんでした。

しかし、あなたが卒業間際の12月にくれた一通のクリスマスカードが、私たちを
その後20年以上にもわたる交友関係に導いてくれました。
当時はまだ、インターネットが今ほど普及しておらず、携帯電話も持っている人は
ほとんどいない時代でした。

しかし、そんな時代でも、あまりクリスマスカードを友達に郵送で送る人は
少なかったです。そんな中、大して親しくもなかった私に、丁寧なカードと
メッセージをくれたことがうれしく、思わず私も郵送でお返事をしました。

その後、年賀状や卒業後も手紙のやり取りが続き、300キロ以上離れた土地で
生活が始まってからも、ずっとやり取りを続けてきました。

私はあいにく独身ですが、あなたが唯一、大学時代の友人として私を結婚式に
呼んで下さったことはとてもうれしかったです。
私が人に言えぬ悩みを抱えた時、手紙や電話で誰より支えてくれたのは
300キロ離れた場所に住むあなたでした。

もう卒業して25年になりますが
ずっと変わらぬ友情を紡ぐきっかけを作ってくれたあなたに、ありがとうを
言いたいです。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (12
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ