感謝と愛を込めて

投稿者 

両親へ

両親へ

生まれてからこれまで体が弱く、数々の病に苦しむ私をいつも支えてくれたことに対して、いくら感謝しても感謝しきれません。

一難去ってまた一難、幼い頃は特に安心する間もなく、常に緊張感を持ち、私の命を守るために必死だったと祖母から伝え聞きました。

若い2人がどんな思いで過ごしていたのか、その頃の2人の年齢に近づいていくほどに考えるようになりました。

そして、2人にとって、待望の子供だったと繰り返し繰り返し嬉しそうに語る父と母を見ながら、心苦しく思うこともありました。

1度、「苦労かけてごめんね」と私が言った時、「生まれてきてくれて、可愛い姿を見せてくれたことで一生分の親孝行をしてるからね」と言ってくれたこと、今でも忘れられません。

その言葉が、辛い時、しんどい時、いつも私を支えてくれています。

まだまだ何も恩返しできていませんが、せめて私の生きてる姿、幸せな姿を見ていてほしいと思っています。

そして、いつの日か2人を支えることのできる人間になれるよう、治療に励み、病に打ち勝ちたいと思っています。

こんな私ですが、これからも私を励まし、時に檄を飛ばして私を奮起させてください。

これからも、末永くよろしくお願いします。

心からの感謝と愛を込めて、「ありがとうございます」

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (9
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ