愚痴を聞いてくれてありがとう

投稿者 

主人へ

仕事でミスをしたとき、家に帰ると泣きそうな気持ちになります。その時、家に入る時にいつも深呼吸をして入ります。その理由は、なんといっても主人の顔を見ると泣いてしまうからです。

そのため、深呼吸。その時もいつものように深呼吸をして、家の中にはいりました。すると、主人は何も言わずにコーヒーを出してくれたのです。それは多分、私の顔を見てわかったんですね。仕事で辛いことがあったと。

そしてそれからは、私の愚痴の時間です。自分が悪いのに、どうしてもそのことを認めたくない自分がいます。ほかの人にいうと、絶対否定されてしまう。そのため、言えるのは主人だけなのです。

泣きそうな気持ちを、愚痴として話しているとなんとなくすっきりしてきました。

いつも私のくだらない愚痴を聞いてくれてありがとう。どんなにその気持ちに助けられていることか。その主人の姿を見て、自分を反省することができました。

本当は聞きたくないと思います。私もいつでも聞くからね。いつもありがとう。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (15
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ