私の一番の理解者でありいつも味方でいてくれるお母さん

投稿者 

私とお母さんが出会ったのは31年前です。
赤ちゃんの時はもちろん記憶はないけど、私の小さいながらのお母さんのイメージはいつもニコニコしていて、優しかった思い出ばかりです。

小さい頃から動物が大好きで5歳の頃は近所の犬の散歩に勝手についていき、私が行方不明になったと血相を変えて探し回った思い出や、隣の家の犬小屋で一緒に寝たりと色々困らせていたようです。

そんな私も20歳で無事に就職をし働きましたが、県外から実家に戻った私は生活態度が自由すぎて遅い反抗期のように毎日ぶつかり喧嘩をしていた時もありました。あの時は本当にごめんなさい。

25歳の時は家族のアイドル犬が亡くなり家族全員の笑顔が奪われました。毎日必ず誰かが泣いていて、あの時は家族が一致団結してそれぞれが気遣いながら元気を取り戻していったなと思います。

30歳を目前に転職を決意し地元を離れる決断をしました。
その時私は幸せでしたが、自分の人生に満足しておらず人生を変えたかったのだと今振り返るとそう思います。
親元を離れるのは親からしてみれば寂しかったと思いますが、初めは軽く反対していたお母さんも私の行動をみているうちに応援してくれていました。

地元を離れてからは毎日メールをし友達のようにやり取りしています。
孫ができてからも、きちんと私と孫に愛情を注いでくれるお母さん。将来はお母さんのような存在で家族を支えていきます。
元気に長生きしてくださいね。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (17
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ