生活の糧とふれあいをありがとう

投稿者 

いつも行く個人商店様へ

私はパニック障害を発症してから、行動範囲が一気に狭まってしまいました。最初は家の周りを歩くにも苦労する有様でした。

せっかく隣の町内まで行けるようになったのですが、不況でどんどんコンビニなどが閉店してしまい、食材の調達に困っている中、私の行動範囲内に、一つだけ、希望の光と言っていいお店があります。

そのお店のおかげで、パニック障害の外出訓練も、そのお店まで行ければ何とかなるという気持ちになり、前向きになれました。

いつも温かく迎えてくださり、野菜や果物も安いし、手作りのパンも非常においしく、私のような外出不安がある者でも食料品を調達することができます。
また、お米など重いものは配達もして下さるので本当に助かります。

最近はすっかり顔なじみになり、お店の方と雑談もするようになりました。お名前も覚えていただき、時折売れ残った総菜パンなどをたくさんおまけに入れてくださって、本当に感謝しています。

こういう病気になると、家族以外とは話さない日もありましたが、こちらのお店でお話したのがきっかけで、お店のちょっと先にある色々な場所にも行けるようになり、またそういった場で他の方とも接することができるようになりました。

私にとっては、ただのお店ではなく、社会復帰の足掛かりという大きな存在になっています。
こちらのお店が無かったら、正直自分が外に出るきっかけや勇気、達成感を感じることができるようになるのが、もっと遅れたと思います。
まるで救世主のような存在です。

私が住んでいる地域は、どういうわけかコンビニなどが潰れてしまったり、スーパーやドラッグストアなどがほとんどなく、お年寄りなども困り果てています。そういう中、私以外にもお店に助けられている地域住人がたくさんいます。

どうかこれからも、よろしくお願いいたします。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (16
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ