病気の私を見捨てないでくれてありがとう

投稿者 

お母さんへ

私が無茶な生活をして身体も心も壊して、そうして鬱病と診断されたのはいつのことだったでしょうか。もうずいぶん昔な気がします。
先の見えない毎日、不安と焦りが募る日々、思うように動かない、動かせない身体が嫌で辛くて仕方なくて…毎日泣いてばかりでした。

女手ひとつで育てた娘がこんな状態になって、きっとお母さんもとてもつらかったですよね。社会人2年目でこんな状態になって、情けなさもありましたよね。
でも、お母さんはいつも優しく私を受け止めてくれて、優しい言葉をかけてくれて、無理に前に進ませようとも、かといってその場にとどめようともせず、いつもそばで支えてくれていましたね。

期待に答えたくて頑張りすぎた私を労わってくれたり、うまくできなくて落ち込んでいた私を慰めてくれたり、ただただ話を聞いてくれたり、本当に、本当にとっても嬉しかったです。

お母さんの支えがあったおかげで、だいぶ体調が良くなりました。
まだ本調子とは言えないし、未だに過去を後悔することもあるけれど、それでも自分を肯定することができるようになってきました。

また他のところで働こう、自分が自分のペースで無理なく、だけど社会のためになれるような働き方をしよう。そう思えるようになれました。

お母さん、たくさん支えてくれてありがとう。きっとまだまだ不安にさせてしまっていると思うけれど、少しでも早く安心させられるように、また頑張るね。
お母さんが辛いときは私が支えるから、無理しないでくださいね。

本当にありがとう。貴女の娘より。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (13
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ