薄味なご飯をありがとう

投稿者 

母へ

高校卒業してから県外に就職するまでの18年間、毎日美味しいご飯とお弁当を作ってくれたお母さん。ありがとう。

県外に就職して、仲間と外食する機会が増えたり、飲食店に務めるようになって、また自炊も始めたりしてだんだんと濃い味が好きになっていった私。

年に2回のたまにの帰省で久しぶりに母のご飯を食べた時。おいしいのだけれど味が薄いなぁと感じました。いつのまにか調味料の味に舌が慣れてしまっていたのです。しかし、数日母のご飯を食べると不思議な事にいつもは感じないような細かい味に気づけるようになるのです。

普段はソースをどっぷりかけて食べる野菜炒めも、母の場合は塩コショウだけの味付けです。そもそも実家にはいつも使っているソースが無いのでどうしようもないのですが、母の野菜炒め、よくかんで食べると普段は気づかなかった野菜の味がするのです。

決してお金をかけてまで意識している訳ではありませんが、母の作るご飯は品数豊富です。1品ずつの量が程よくよく噛むメニューなのでそこまで多い量じゃなくてもお腹が満たされます。
また、帰省している間はお肌とお腹の調子が良いのです。

にぶってしまった味覚を取り戻させてくれる、家族の健康を第1に考えた母のご飯には本当に感謝しています。
美味しいご飯をありがとう。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (17
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ