知らなかった真実を知りやっと両親に感謝

投稿者 

お父さん、お母さんへ

親って本当にありがたいですよね。
遅ればせながらようやくそんな風に思えます。

子供の頃からどちらかといえば過干渉な親でした。
一人っ子で身体が弱かったせいもありますが、どこで誰と何をするにも口を出され、常に親に見張られているような気分で、早く自由になりたいとずっと思っていました。

なぜこんなにも両親揃って過干渉なのか、理由が分かったのは最近になってからです。
いい歳をしてまだ独身の私は、結婚相手に出会えるのか心配で、とある霊感があると言われる占い師さんに占ってもらうことにしました。

そこで占い師さんに、「あなたには本当は上にお兄さんかお姉さんがいたのよ、その人に見守られているわ」と言われました。
私はこの人は何を言っているんだろうと、どうせ占いなんてあてにならないからと気にもとめませんでしたが、その日帰宅し両親に「今日こんなこと言われてさ」と何気なく言ったら、両親は顔を見合わせていました。

その様子をみて「何かあるの?」と両親に聞いたら、「実はお前の前に生まれてこなかった子がいたんだよ」と衝撃の真実を知りました。
私より先に生まれる予定だったその子は残念な結果になってしまったそうで、その後私が授かり無事出産までたどり着けたとのことでした。

その話を聞き、両親の過干渉がようやく腑に落ちました。
恐らく両親は、私が母のお腹にいたときから心配し通しだったのだと思います。

無事生まれてくるだろうか、無事育つだろうか、無事帰宅するだろうか、常にそんな風に思っていたんだと思うと涙が出てきました。

今までは、うるさい両親だなと疎ましく思うときもありましたが、この話を聞いてからはなるべく両親を心配させないように言葉をかけるなど、自分なりに気遣いをするようになりました。

お父さんお母さん、私を産んでくれてありがとう。
私は元気に育っているから心配しないでね。
そして生まれてくるはずだったお兄さんかお姉さん、これからも家族を見守っててくださいね。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (15
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ