記憶がなくなっても思い出があれば

投稿者 

おばあちゃんへ

おばあちゃん、今まで本当にお世話になりました。

大好きです。おばあちゃんが寝たきりになってしまってから、もう4年経とうとしているのですね。早いものですが、おばあちゃんはどう感じてますか?きっと自由に動き回れる私達の時間の流れと、おばあちゃんのそれとでは、感じ方はきっと違うことでしょう。

寝たきりになった人の中には、動けないもどかしさのせいでもう人生辞めちゃいたいって思う人も多く存在していて、それくらい本当に辛いことなんだと思う。

おばあちゃんが一生懸命服を着替えたり、車椅子で移動しようとしたりしているところを見ると、本当に胸が痛かったです。それでも、弱音を吐かずに気丈に生活している姿がたくまして、女性だけどかっこよくて、自分はまだまだ未熟だなっていつも思っていました。

おばあちゃんはおじいちゃんとはやくに死別してから私のお母さんを女で一つで育てて、苦労をたくさん、凄くたくさんしたのでしょう。そう考えると、私もまだまだたくさんのことを頑張る余地はたくさんあるよね。

いつかやってくる大きな壁にぶち当たってもなんとかなるように。私の生きる道筋を教えてくれたおばあちゃんに、ありがとうって伝えたいです。本当にありがとう。

お別れの時間が近づいてるのは知っているけど、私の思い出にはいつまでもおばあちゃんが刻まれていくことでしょう。

FavoriteLoadingお気に入りに入れる
ハートを送る を送る (9
Loading...
スポンサーリンク
>>新しい手紙一覧へ
>>新しい手紙一覧へ